朝食バナナダイエットとは

朝ごはんを食べずにバナナを口にするというのが、朝食バナナダイエットです。朝食以外の食事や間食は決まったルールはありません。食事については、朝食にバナナと飲み物を摂る以外は、摂取カロリーや消費カロリーの管理、まあ普通に気を使う程度。どんなに健康にいい食べ物でも、大量に食べ過ぎてはいいことはありませんので・・・。なので朝食バナナダイエットはとっても始めやすいダイエット法なのです。

朝食にバナナを食べるダイエットのメリットに、バナナの成分にストレス軽減してくれるヒスチジンという物質が入っている点があります。食べるだけでイライラ防止になるとは、バナナパワーの底知れないパワーがわかります。

ほかでは、遅くならない時間で夕食をきちんと食べること、まめに水を飲むことも朝食バナナダイエットの一部です。方法そのものは簡単です。特別な準備や道具も必要ありませんから、手軽にチャレンジできる方法ですね。特別、運動をしましょう!ということはありませんが、運動を生活取り入れるならば、ダイエット効果も高まりますね。

朝食バナナダイエットの考え方は、朝に食事を抜くことで、食生活のバランスが崩れて、それが体重が減らないという原因になっているのでは?という問いからです。バナナは、疲労回復にすぐれ低カロリーでやわらかく食べやすく、また水分が70%ほどと水分補給にも適しています。朝食が苦手の人でもバナナなら食べられますよね!こういう風に朝食を食べるというしっかりとした習慣づけをすることがバナナダイエットの基本です。ほかにも、夕食は遅く食べたない、日付が変わる前には就寝するなど・・・、生活のバランスを正すことが、朝食バナナダイエットの大切な考え方です。

朝食バナナダイエットの効果の理由は、

朝食バナナダイエットの効果の理由は、バナナが多くの栄養が豊富で植物繊維の多く含む食材でありながら、低カロリーだからです。ダイエットは、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることが基本です。食事の量を減らすか、あるいは運動の量を増やすかです。ですが、何事も極端はよくありません。極限まで食事の分量を少なくしたり、長時間の激しい運動を続けてはよくありません。ダイエットで大事なことはカロリー量をきちんと調整することであり、無闇なダイエットは精神的にもストレスになり、長く続けられません。ダイエットを考える上で、バナナはカロリーや栄養面で頼りになる存在です。

運動後や弱っている時にバナナを食べるとカロリー摂取ができるともいうことから、バナナはカロリーが高いイメージがあるかもしれません。バナナは思ったよりもカロリーは高くありません。病気の時や運動時にバナナでのカロリー摂取がいいというのは、バナナの糖質が、長い時間にわたってエネルギーが吸収されるためです。時間をかけて少しずつ身体へエネルギーを与え続けることができるバナナは病人や運動前にぴったりですが、これは多種多様な糖分がじっくりと吸収されるためです。カリウム・マグネシウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・葉酸・食物繊維といったたくさんの栄養素がバナナには含まれている点も見逃せません。食事の制限をしながら栄養バランスを調整するにはバナナはとても便利な食べ物。とくに朝食には、最適ですね。

朝食バナナダイエットは、バナナの持つ効果に、食生活のバランスを組み合わせたダイエット法です。バナナだけがクローズアップされがちですが、食生活のバランスがもっと大事なところ。食生活が改善されれば、当然、ダイエットの効果もあがりますよね。食生活バランスが悪い現代人に適したダイエット法ですね。
朝バナナダイエットの本はこちら

株取引