βグルカンの選び方、サプリメントでは

サプリメントでβグルカンを扱ったものはさまざまな種類が存在しています。βグルカンのサプリメントは安い商品ではない上に、継続した服用が鍵になるため、サプリメントの選び方は慎重に行いましょう。金額だけを基準にして選ぶと危険ですので、信用できるメーカーの商品を選びましょう。

βグルカンのサプリメントの使用者の言葉は宣伝文句としてはわかりやすいですが、基礎データや成分表示などの地味な部分にも目を向け、納得のいくβグルカンのサプリメントを選びましょう。商品の詳細ではなく、使用者の声で目立った効果をあげたものを重点的に紹介したりしているものもあります。このような、βグルカンのサプリメントの宣伝の信憑性はどのぐらいなのでしょうか。信憑性に疑問符がつく使用者の言葉を鵜呑みにするのではなく、やはりサプリメントそれ自体のデータや成分表示を納得できるまで調べることで、商品を購入するかどうかの判断基準としたいものです。

成分表示がはっきりとしており、誇大な表現がなく臨床データが豊富な商品がよいでしょう。抗ガン作用があるとされるβグルカンは、それだけを取り出して重さを量ることが難しいため、サプリメントを選ぶときにはその点に注意をしておきましょう。成分表示に、βグルカンがmg単位で表示されているようなものには気をつけるべきだということです。

機能性の高いβグルカンを取り出して測定するには、空気中や水中で繊維状に複雑に絡み合っている状態からそれを分離しなくてはならないため困難を伴うからです。商品紹介にグラム単位でβグルカン含有量が表示されているようなサプリメントは、他の成分表示やデータをよく見てから購入を検討しましょう。

βグルカンの原材料に注目!作用が変わります。

βグルカンのサプリメントを構成する原材料については、キノコ系のものとパン酵母系のものとがあります。日本のβグルカンのサプリメントはキノコ由来のものが多いようです。

βグルカンのサプリメントは大量に摂取しなければ効果のないものもありますが、これはもともとキノコのβグルカン含有量が少ないためです。キノコの純度が高い方がよいという謳い文句をかかげ、キノコを乾燥後破砕しただけで製品を作っているものもあります。キノコを原料とするサプリメントはいくつも販売されています。注意深く探すことができれば、研究データ、知名度の面からはキノコ由来のβグルカンのサプリメントは信用がおけます。純度の高いβ1,3Dグルカンは、パン酵母系の材料から安く大量に作り出すことができます。しかし、キノコを原料としたβグルカンが持っている微妙に枝分かれした分子構造のほうが、β1,3Dグルカンの純粋な構造よりも免疫系に重要であるとも言われています。βグルカンの含有量や純度だけを強調する業者もありますので、βグルカンのサプリメント選択には注意しましょう。

パン酵母を原料としているβグルカンは不溶性の食物繊維です。したがって、一般的な食物繊維とは異なり、体内に吸収されずにその多くが排出されてしまいます。こうしたことから、βグルカンを経口摂取したとしても、人体に効果があるのかないのかについては、いまだ疑問が残るとされています。

できればキノコ系のモノを選んだ方がよいですね。
βグルカンを含んだ商品はこちら

株取引