コンドロイチンの神経痛に対する効能

コンドロイチンの効能の一つに、神経痛に効果的だといわれています。神経痛は強烈で電気的な痛みが特徴で、寒さや気圧の変化など、ほんの些細なことで痛みが増すこともあります。三叉神経痛は神経痛の中でも典型的なもので、冷たい風が顔に触れるだけでも激痛がはしるといわれています。

神経細胞は、酵素や栄養素をグリア細胞という細胞から補充されています。ムコ多糖といって、コンドロイチンなどを含むものをこのグリア細胞は分泌してくれる働きがあるようです。動物の細胞や繊維、組織、器官の間をしっかりと結びつけて保護し、栄養を補給する働きがある粘性の物質が、ムコ多糖体というものです。このムコ多糖類の生成に異常が起きると神経そのものの機能が大きく歪むことになるのです。

グリア細胞や神経繊維の外側を包む膜に作用するコンドロイチンは、その刺激を和らげてくれる働きがあるのです。それだけではなく、コンドロイチンは一時的にその痛みを除去する働きがあります。痛みの原因となる物質にくっつく性質だからです。そういうわけで神経痛の激しい痛みだけでなく、ギックリ腰や肩こりにも効果があるのがコンドロイチンの素晴らしいところです。てんかんの薬を使って、三叉神経痛を和らげることもありますが副作用の眠気が起きることも多々あるようです。このコンドロイチンをどうしようもない神経痛に悩まされている時は試してみることをおすすめします。

コンドロイチンの美容に対する効果

美容に効果的なサプリメントとしてコンドロイチンが有名です。このコンドロイチンはとても保水力が高いので、美容にとても役立つものです。実は皮膚の中にたくさんの水分を保持しているので、赤ちゃんのお肌はつるつるで張りがあるのです。肌の水分が年をとってくると失われてカサつきやすくなります。これは肌に水気を蓄えておく力が失われていったためです。体内のコンドロイチンが少なくなったことが原因でしょう。

皮膚には一番外側に表皮と呼ばれる部分があり、体を保護し水分の蒸散を防いでいます。皮膚と筋肉とを繋ぐ皮下組織と続いているのが、表皮の下にある血管、神経、筋肉などがまじった真皮という部分です。70%のコラーゲンと1%弱のコンドロイチンが含まれているのが真皮の部分で、皮膚そのものだといえます。コンドロイチンは、皮膚の水分量を保持し、皮膚機能を維持するためにとても重要な役割を果たしていますが、皮膚組織の中でコンドロイチンの比率は多くはありません。水分をたっぷりと補給してコラーゲンの機能をサポートしているのがコンドロイチンであり、健康な肌はコンドロイチンが非常にたくさんあります。

表皮の代謝機能が加齢によって低下すると、メラニン色素が皮膚表面にできた後に定着してシミの要因となってしまいます。コンドロイチンは、シミ対策にも効果があります。コンドロイチンを含む皮膚は表層の活性化を促進するからです。たくさんある美容目的のサプリメントの中で、コンドロイチンが含まれるものがかなりあるのも頷けるのではないでしょうか。

株取引