ムトウハップの効能

ムトウハップという商品をご存知でしょうか?正式名称は、六一○ハップ。創始者の武藤鉦八郎とい人が衛生兵をした体験から考案された商品だとのことで、昭和2年の発売からずっとひそかなベストセラーになっている商品です。

この商品の原料は、イオウ。わたしの家でも使っているのですが、使うと温泉の臭いがします。ムトウハップは、この硫黄とカルシウムを高熱でとかして作られているもの。原料が温泉と同じものなので、温泉と同じ効能があります。とくに硫黄というだけあって、別府や草津の温泉と同じで、夏場はアセモや湿疹、冬場はしもやけやアカギレに聞きますし、ムトウハップを入浴剤代わりにつかう人も多いよう。昔の広告では、「温泉の効き目を我が家に!」という風に宣伝されていたようですね。

知る人ぞ知るムトウハップなのですが、温泉に似た効能から、実際の温泉に入れられていたという事件も昔おこったそうです。成分は温泉と同じなので、血液の循環もよくなるし、芯からカラダがあたたまり肌もすべすべ、その温泉に入った人もあまり疑いはなかったようですね。

ムトウハップで子どものあせもを撃退!

ムトウハップの効能として一番いいのは夏場のこどものあせも対策でしょうか?うちの家には、5歳の子どもと1歳のあかちゃんがいるのですが、夏場はどうしても汗をいっぱいかくので、背中があせもだらけになります。もともとムトウハップをお風呂上りに、あせもの箇所に流していたのですが、あまりにもあせもがひどいので、皮膚科のお医者さんにいい薬はないかと聞きました。すると言われたのは、病院の薬は、効くけれども、べたべたするので子どもがいやがる。だから、安くていい薬があるよ!と言われてでてきたのが、なんとムトウハップ。お医者さんも推奨するくらいに効果があるんですね。

毎日使っていますよ!と知らせると、効果的な使い方を教えてくれました。まずは水で薄めて(いつも洗面器一杯に、ムトウハップのキャップ2杯分いれてます)、ガーゼにとって、あせもの箇所を拭いてあげる!それでOKだそうです。硫黄のにおいはきつめですが、肌にわるいことはない様。実際、これであせもも楽になりました。

ちなみにムトウハップの購入は、薬局・薬店で売っています。440gで1本400円くらい。で、これが長持ちするんです。上の子が生まれたときにかって、いまだに使っています。値段も安くて効果もいい、ムトウハップは、ほんとうおすすめですよ

株取引