背中にきびの原因

よく知られているのは顔のにきびで悩んでいる人が多いことですが、背中にも実はにきびができるということを知っているでしょうか。背中のにきびができる原因は色々ありますがそのひとつはアクネ菌です。顔などの皮膚の毛穴にあるアクネ菌というのは、顔ににきびができる原因ともいわれてるのです。顔だけでなく人の背中の毛穴にも存在するのが、このアクネ菌なのです。背中の皮膚の毛穴に余分な皮脂が詰まって皮膚が化膿することが背中ににきびが出来てしまう原因なのです。とくに汗をかいた背中をそのままにしておくとアクネ菌が繁殖しやすくなり、背中ににきびができてしまいます。

化学繊維の下着などは汗がたまりやすくにきびができやすい状態になるといえます。アクネ菌や皮脂や汚れの付着が背中ににきびを作りやすくさせているのです。にきびを背中といえども放置しておくと、にきび跡が背中に残ってしまう可能性があります。

にきびが悪化するとにきび跡ができるのは、顔も背中も同じで、このにきび跡に悩んでいる人が多いのも事実です。にきびが跡になるまで悪化することのないように、背中のにきびの原因となるような汗や皮脂を防ぐようにしましょう。目指したいのは、にきび跡のないキレイな背中ですね。

背中にきびを治す、治療法

どのようなケアが背中ににきび跡ができてしまったときには適切なのでしょうか。治療のひとつとして、イオン導入を取り入れたものがあります。これは最近話題になっている背中のにきび跡の治療法で、針を使わない注射で行うものです。

にきび跡に対してイオンを導入すると通常より多くビタミンCを浸透させることができますので、背中のにきび跡を取ったりメラニンの生成を抑えることができます。また背中にきびの炎症を抑えて色素沈着を防止しますので、にきび跡の治療には大変効果的だといえます。加えて電流を微弱に流すことでビタミンやプラセンタを皮膚の深い部分まで浸透させていきます。これで背中にきび跡のしみやしわまで改善できる効果があります。きれいなにきび跡の無い背中をこのイオン導入の治療法で再び取り戻すことができるといえるかもしれません。

これ以外にレチノイン酸を使う治療法も背中にきび跡には有効なものです。レチノイン酸というのはビタミンÅ誘導体の一種で肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促す働きがあります。レチノイン酸が背中にきび跡の治療に効果がある理由は、コラーゲンの生成も促すので新しい細胞が生成されて、背中のにきび跡を押上げてくれるということなのです。背中にきび跡の治療は最近どんどん進化しています。悩んでいる人は一度試してみるとよいでしょう。

株取引