豆乳の栄養とダイエット効果

豆乳はダイエットに効果があるといいますが、どういう栄養が効果的ななのでしょうか。豆乳は大豆から作られますので、大豆が含む栄養素の多くを引き継いでいます。サポニン、大豆イソフラボンはもとより、オリゴ等やカルシウムやビタミンEなどの成分も豆乳に含まれる大事な栄養素です。これらの中でも、大豆イソフラボンはとても関心を集めている栄養素です。

大豆イソフラボンは、生理不順や更年期障害、骨粗しょう症に効果があるといわれているのです。ダイエットという側面から考えた場合、これらの栄養素はどのように作用するのでしょう。大豆イソフラボンは満腹中枢を刺激するので、適度な満腹感で食事量を抑制することができます。また、基礎代謝を高める大豆ペプチドが含まれるので、何もせずに脂肪燃焼効果が期待できます。摂取しすぎた糖分や脂肪分が腸から吸収されにくくするために、大豆サポニンが効果的に作用します。腸内に絨毛を収縮させる作用があるために肥満予防が期待できます。そして、大豆に含まれる大豆たんぱく質は代謝を促進し、血中のコレステロールや中性脂肪値を調整する効果があります。

体内に入った余分な脂肪やコレステロールを、大豆たんぱく質が吸収する性質があるのです。この他にも大豆タンパクには中性脂肪を体外に排出するという効果もあります。ダイエットの一環で便秘解消を目指している人なら、豆乳に含まれるオリゴ糖が役立ちます。つまり、豆乳に含まれる成分は栄養豊富であるだけでなく、ダイエットの補助的な役割を果たすのにとてもいい食材なのです。ダイエット時のカロリーコントロールは、どうしても栄養素が偏りがちになります。豆乳はダイエットに効果的な栄養素を含んでいます。

豆乳ダイエットの具体的方法

豆乳ダイエットの具体的な方法はとても簡単です。豆乳の食事の前に飲むだけなのです。

よりダイエット効果を得るためには、食事の30分くらい前に飲むことです。そうすることで満腹感が得られ、食事の摂取カロリーを減らすことができるのです。使う豆乳は成分無調整タイプのものにします。大豆の栄養にダイエット効果があるため、濃い方が理想的です。この方法なら、よくあるダイエットのような食事制限や断食はありません。3度3度の食事の前に豆乳を飲むという、誰でも手軽にできるダイエット方法です。手軽な豆乳の飲み方は、季節に合わせて冷やしたり温めたりしてそのまま飲むことです。

豆乳バナナ飲料を作るのもいい方法で、バナナと豆乳をミキサーに入れるだけで作ることができます。豆乳バナナはトッピングにも凝ることができます。その日の気分に合わせてココアや野菜ジュースと混ぜてもいいでしょう。すりごまやきなことも相性がいいようです。豆乳バナナを作る時、ゆでた小松菜やにんじんを足すことで栄養価倍増の豆乳野菜ジュースにもなります。ダイエットをしている時はどうしても野菜が足りなくなりがちなので、こまめに補っておきましょう。

いつも同じものばかりでは飽きが来て続けることが難しくなるかもしれませんが、そういう時は豆乳紅茶もお勧めです。おろしショウガと紅茶に温めた豆乳を入れて飲みます。代謝を上げることはダイエットで大事ですから、ショウガはダイエットに適した食材といえます。ダイエットは毎日続けることが大事ですが、無調整豆乳を飽きずに飲み続けるのは難しいかもしれません。豆乳の飲み方は色々ありますので、ネットのレシピサイトなどを調べ、豆乳の飲み方も工夫してみましょう。

株取引